子供と青少年の『お金教育の専門家』

「このままじゃ、将来お金で失敗しちゃう!」

我が子のお金のしつけをやり直した体験から、お金の教育が重要だと実感。

15年前から子供たちや親子の「お金の授業」を始め、のべ250校14,000人が受講。

お母さんのための「将来お金に困らない子に育てるお小遣い講座」は道内、オンラインでも人気。

 

ゲーム形式で学べる講座は、「口で説明するよりわかりやすい」と、学校の授業、大学の講座でも取り入れられ、リピート率は100%(2021年度実績)。

 

 

「講演会で、話を聞いてみたい」

「親子レクで小遣いゲームをしたい」

「外部講師による授業・講義を考えたい」

 

という、保護者や教育現場の皆様、お気軽にご連絡くださいね。

 

小遣い制のやりかたがわかり、家庭で取り入れることができる

ゲームをきっかけに、子どものお金に対する考え方が変わる

社会人になっても困らない、騙されない力がつく

 

お問合せは下記より。

 


講座や授業など、ご参加いただいた方からの感想


子どものお金の悩み

授業や親子レク、講演会など250校訪問したその中身は?

 

小学生と保護者を対象にした「こづかいゲーム」などワークショップを開催

障がいをお持ちのお子さんなど、支援を要する方もサポート

PTAなどで「子どものこづかい」についての講演。オンラインでも!

教育現場で、金融教育や消費者トラブル授業、リピート続出


PTAや家庭教育学級向け講演・セミナー

こづかいのお話しだけではなく、教育資金に関するご依頼も増加中!

 

 

 

 


生徒向け授業・親子レク

小学校ではこづかい講座、中学校〜大学では、ライフプランや消費者トラブル講座

 

障がいをお持ちのお子さんの保護者向け講座

金銭管理に関するものと、親の支援無き後のお金についてお話しいたします

 

どんな活動をしているの? 一例ですが、「活動実績の一部をご紹介します」ページでご確認ください。

 

わくわく 親子でお小遣いゲーム

 

サイト用フロント講座.jpg

 

 

教育委員会や自治体からも毎年お声がかかる「親子お小遣いゲーム」!

でも、札幌やその近郊の親子しかなかなか参加できませんよね。

そこで、夏休みのこの時期に、Zoomを使ったイベントを開催します。

 

でも、画面越しに親子とコミュニケーションが取れるように限定5組!

早めにお申し込みくださいね。

詳細やお申込みは二次元バーコードから。

クリックも可能ですよ。

 

\2年連続/親子小遣いゲーム〜札幌消費者センター講座

夏休みが始まる前の3連休の最終日は、「親子で楽しく!お小遣いゲーム!」

 

昨年もお声をかけていただいた、札幌市消費者センター(札幌市の受託講座)さんで、午前午後と、多くの親子にお集まりいただきました。

 

2022年消費者センター小遣い.jpg

 

 

実は昨年は1コマだったのですが、募集開始すぐに満席になったらしいのです。そこで今年は、午前と午後と2コマ設定したのですが、結局、50人(50組?)をお断りしたそうです。

 

親子向けのお小遣いゲームは数種類あるのですが、多くの親子が来ても楽しめ、ペアになって進めていくことができるのが「カレンダー小遣いゲーム」。今回もこの教材を使いました。

 

カレンダーを見ながら買い物体験!じゃんけんや自分の選択で進めていくので、いつも盛り上がります!

 

でも、ちゃんとお勉強できる時間もあるんですよー。子供たちはピン!と手を挙げて発言してくれたり、しっかり自分の考えも持っている・・・。

 

そんなわが子の姿を見ることができるからと、親も満足していただけるのかなーと思っています。

 

消費者協会加工再.jpeg

 

この親子お小遣い講座は、今年度は札幌以外の教育委員会、小学校親子レクでも予定されています。教育現場の皆様のお問い合わせもお待ちしています♪

 

札幌に住んでいない!札幌に行けない!という方のために、Zoomでのリクエスト開催も受け付けています。

ちなみに、2022年8月7日のイベントは↓です。

就活不安につけこむその手口〜アニメーション動画で学ぼう

高校授業、専門学校や大学での講義では、消費者トラブルについてお話をさせていただくことがあります。

 

その際、皆さんがイメージをしやすいように、アニメーション動画を作り、それを見ていただくこともありますよ。

 

ここ数カ月、作成する時間がなかったのですが、年度末になり、少し時間が空いたので(授業や講義がないので)、新しく1本動画を作成してみました。

 

今回のテーマは

就活不安につけこむその手口!内定を得るために動画購入

・・・と、いずれ就活をする際に参考になればと作りました。

 

この動画を見ていただいた大人からも、「怖いわ」「悪質〜」「就活している我が子に伝えます」と、反応がありました。

 

ぜひ、親子で見てくださいね!

 

小学校5年生に「ゲームで楽しく!お金の使い方講座」

小学校授業や親子レクなどで声をかけていただき、ゲーム型式で学ぶ「金銭教育講座」を15年ほど前から行っています。

 

対面での講座は交通費の問題もあり、遠方からお声をかけていただいても行けないこともありました。

 

しかし、コロナをきっかけに、北海道の端から端まで、さらには関東圏など、遠くても気軽に行えるようになったのです。

 

そう!「オンラインでも問題ないので、ぜひ」とおっしゃる教育現場がかなり増えたのです。

 

・・・ということで、下の写真は北海道のある地域での授業の様子。小学校5年生向けにZoomを使って、「カレンダーこづかいゲーム」を実施しました。

A.jpg

授業時間は2時間分です。

 

こちらの学校では、

テレビモニター

パソコン

タブレット

 

をご用意していただきました。

テレビモニターで私の姿や資料を大きく表示

パソコンは、子ども達が私に何か質問したい時に活用

タブレットは先生が教室内を持ち歩き、子ども達の手元を撮影

タブレットがあると、画面越しに子ども達と会話をすることもできるので、とても良かったです。

こちらの学校は2クラスありましたので、翌日も開催しましたよ!


D.jpg

 

子ども達も、楽しく学べたようです。先生からも、家庭科で金銭管理を学ぶのでちょうど良かったとおっしゃっていただきました。

お金の使い方が学べる教材はいくつかありますが、オンラインにも対応できるのが「カレンダーこづかいゲーム」。気になる方は、ぜひ、お気軽にご連絡くださいね。



2021年12月実施

蘭越町PTA連合会では、子どもも大人にも大切なライフプランをメインに

久しぶりに遠出をさせていただきました。

「蘭越町青少年健全育成研究集会」兼「蘭越町PTA連合会研究大会」で、お話をさせていただきました。

そのタイトルは、

「騙されない、お金に振り回されない子になるための3つの視点」です。

P1050892.jpg

 

やはり、教育関係者が多かったですね!

もちろん、保護者の方も来ていただいていましたよ。

 

蘭越町のお子さんは、高校を卒業すると、町を出る子も少なくないようです。親元を離れてもきちんとお金を扱えるために、成年になって詐欺や悪質商法に引っかからないためにも、親としてどのようなことを伝えておいたら良いのか、3つの視点でお伝えしました。

 

講演では、参加の皆さんに、18歳に戻った気分でライフイベントを立てていただきました。

P1050888.jpg

 

何においても、ライフプランを立てることが大事です。お金を貯めるにも、運用をする場合でも・・。

お子さんにも伝えていただけるとありがたいです。

 

「自分が子どもの頃に聞きたかった話だ!」と、多くの方にお声をかけていただきました。蘭越町の皆さん、ありがとうございました。


※蘭越町は、米と温泉が自慢の町です。トマトジュースも力を入れているみたいで、ふるさと納税の返礼品になっています。

2021年12月

オンライン講座「子どもの自立心を育てる 小遣いの与え方」開催しました

例年、10月から12月にかけて、PTAや教育委員会などからお声をかけていただき、保護者向け講演会で、子どもの小遣いについてお話させていただいております。

今年は、主催者もオンラインに慣れてきたからでしょうか。北海道外からのお声がけもいただいているのです。多くの方にお届けしたいと考えて活動しているので、嬉しいかぎりです。

 

しかし、「うちの子のPTA講演会は、小遣いがテーマではなく、残念」「普段仕事をしているので、関心はあるけれど、聞く機会がないのです」というお声も。

 

そこで!オンライン講座を開催しました!

 

スクリーンショット 小遣い講座_LI.jpg

 

アメリカ本土やハワイからご参加の方もいらっしゃいましたよ!高学年のお子さんと一緒に話を聞いてくださったご家庭も!


今回の講座は、Zoomのチャット欄がすごく盛り上がっておりました。参加者同士で「こう思う」とか、それぞれの地域の小遣い事情などの情報交換もされていて、こういう講座も良いなと、正直思いましたよ♪

 

今回のお話で、心に残るワードやエピソードを皆さんにお尋ねしました。

一例をご紹介します

・「失敗してもほめること」が心に響きました

・うちにあるもので見える化して、継続して定時定額の小遣いを続けるのは良いと思いました

・親の価値観で決めつけないというところが心に残りました

 

 

もっと知りたいという方はこちらから。

なお、この講座をお聞きして、子どもと一緒に学びたいという方もいらっしゃいました。翌週の「ゲームで楽しく!親子小遣い講座」に何人かお申込みいただきましたよ!

また企画したくなりました〜。

2021年11月

中学生も前のめりになる社会保険と職業の話

中学校からお声をかけていただき、お話をさせていただく機会があります。

今月もお伺いさせていただきました。

厚別.jpg

 

大抵は「総合的な学習の時間」の2コマで、

前半は「社会保険と職業」

後半は「家計管理ゲーム」をしながら学ぶライフプランです。

 

講演の前後に、生徒達は家計管理やライフプランについて学び、高校卒業後の10年間のライフプランを考えます・・・。

 

そうなんです!

こちらを活用してくださる中学校があります。嬉しいです!

 

10年ほど前から、いくつかの中学校に行かせていただき、一人一人の感想文をいただいておりますが、生徒達は健康保険制度や年金制度といった、社会保険の話に前のめりになっていたようです。

 

「もっと詳しく聞きたいと思った!」というお声も・・・。

 

 

なお、クイズ形式で社会保険をお伝えしています。

 

そして今回は、アニメーション動画も作成して流してみました!

職業について話すコーナーで、フリーターのメリット・デメリットについてお伝えしました。

2分くらいなので、良かったらご覧くださいね。

 

 

後半は家計管理ゲーム!今年の中学生は落ち着いていました・・。

でも、楽しそうでしたね!

後ほど、感想が送られてくるのが楽しみです。

 

教育現場の方で、そのプログラムや講演会が気になる!という方は、お気軽にご連絡くださいね!

 

オンラインでも楽しめる!ゲームでお金の使い方を学ぶ「親子こづかい講座」

札幌市近郊の千歳市!

親子で学べる様々な講座が開催されていることは、以前より耳にしていました。

いつかは、お声がけいただきたいなーと思っていたものです。

 

そんななか、千歳市教育委員会様からお声をかけていただき、こづかい講座を開催していただくことに!

コロナ禍により、人数は絞るものの、対面講座の予定で20組の募集をしてくださいました。

 

ところが、感染拡大による緊急事態制限で会場も借りられなくなり、オンライン講座に・・。

 

千歳市.jpg

 

でも、もうこういう変更は慣れっこ!

 

お子さんも保護者も、オンラインに慣れてきているのでしょうねー。

 

無事に開催できました。

 

オンラインこづかいゲーム.jpg

オンラインでも、じゃんけんで進めるゲームは盛り上がる!

 

ちなみに、最近ご利用が多い、カレンダーこづかいゲームを行いました。

カレンダーこづかいゲームについてはこちら。

 

低学年が多い印象でしたが、最後までついてきてくれました!

 

リアクションも、どの年代のお子さんも反応良し!ノリノリーでした。

ありがとうございました。

 

実は、このゲーム形式の親子講座は、北海道外からも打診がきています。

オンラインの時代になってきているのを実感・・・。

対面でもオンラインでも、絶賛募集中です!

 

2021年8月

札幌消費者センター主催「ゲームで体験!おこづかいの使い方を考えよう」開催できました!

コロナ禍により、果たして開催できるのか?できないのか?と、悩ましく思いながらも準備を進めてきた親子こづかい講座。

 

感染者数が落ち着いてることもあり、7月になんとか開催できました。企画してくださいました、札幌消費者センター様、ありがとうございました。

IMG_6557.jpg

人数を絞っての募集となり、親子20組の先着順。あっと言う間に満員になり、キャンセル待ちが4組、お断りが19組だったそうです。

 

いざという時に、オンラインにも対応できる「カレンダーこづかいゲーム」を親子に体験していただきました。小学校の授業や親子レクで活用しているものであり、授業ですと、家庭科の時間に5、6年生に楽しんでもらっているものです。

今回の参加者は、どちらかというと低学年の割合が多かったですが、楽しみながら、しっかり考えながら学んでいただきました。

 

そして、講座中に、自分の意見を皆さんの前で発表してくれるお子さんばかり。すごいですねー。感心しましたよ。

IMG_6592.jpg

 

札幌消費者協会の事務所が会場の近くにあるのですが、「盛り上がっている声がここまで届きました」と、事務局の方がおっしゃってましたよ。

 

お子さんと保護者から、感想を頂戴しました。良かったらご覧下さい。

 

 

あまりにも盛り上がったので、来年も企画してくださるようです。楽しみ!

 

2021年7月開催

専門学校でマルチ商法を伝えるアニメーション動画も活用して、お金の講座を開催

毎年伺っている専門学校でお金の講座をさせていただきました。授業3時間分を4日間行いました。

 

4日間の内容

1日目 「一人暮らしの家計管理ゲーム」

2日目 「ライフイベントとマネープラン」&「契約と消費者トラブル」

3日目 「がんライフと社会保険」&「資産形成と金融商品」

4日目 「卒業後、10年間のライフイベントとキャッシュフロー表作り」

 

 

個人考察⇒グループワークの時間も取ったからか、授業は大変盛り上がり、「楽しいー」というお声が、あちらこちらから・・。

 

しかし、気になることもありました。消費者トラブルの授業で、事例をいくつかご紹介したのですが、その一つが「マルチ商法」

昔からある、一般的な事例ということでご紹介したのですが、クラスの空気がちょっと変わった気がしました。似たような話をよく聞くそうなんです。

 

マルチ商法は違法ではないのですが、学生に無理なローンを組ませるなど、問題もおきています。やはり、子ども達が成年になる前の高校2年生までに(※2020年より、成年年齢が18歳に引き下げられます)、なんとか情報を伝えておきたいものです。

 

実は、一人でも多くの子ども達に伝えるべく、アニメーション動画を作成し、YouTubeにアップしています。マルチ商法の仕組みや、どのようにしてトラブルに巻き込まれるのかなどがわかります。ぜひ、親子で・・学校でご覧下さい。

 

中学・高校で「契約や消費者トラブル」講座のご依頼もいただいています。オンラインも可能なので、お気軽にご連絡くださいね。

 

ライブで情報発信

FacebookページとYouTubeの同時配信で、子どものお金に関する情報をお伝えしています。20〜30分の範囲内です。

下記はいくつかあるなかの6本です。

yazirushi2.gif
 
yazirushi2.gif
 
yazirushi2.gif
7回目表紙.jpg   5回目ライブの表紙.jpg   4日目ライブ.jpg

 

yazirushi2.gif
 
yazirushi2.gif
 
yazirushi2.gif
3回目.jpg   2回目のタイトル.jpg   1回目のタイトル.jpg

 

もっと見てみたい方、ライブでコメントしてみたいという方は、Facebook(バナナンキッズ 横井 規子)もしくはYouTube(バナナンキッズちゃんねる)でぜひ!

アクセス

「大通駅」徒歩3分

「札幌駅」徒歩7分

(地下遊歩道9番出口から時計台に向かって徒歩1分)

Facebookはこちらから

金銭教育に役立つ情報やイベントのお知らせを発信しています。

フェイスブック.png

 

LINE公式アカウントでも情報発信しています。

友だち追加

 

Instagram

Instagram.png

小冊子 好評発売中
小冊子撮影分.jpg

「どうする?子どものお金のしつけ」

横井 規子 著 (300円)

 

マスコミ掲載
 

3a53b54ffc6c30003ec94ef75ac26048_m.jpg

北海道新聞生活欄でのコラムはこちら。

取材記事はこちら。

テレビ北海道
  こづかいゲームの様子

 STV小樽フラッシュニュース
  こづかいゲームの様子

 FMラジオAIR-Gの番組の中で、こづかい講座をご紹介いただきました
  
FMしろいし「ママ大好き ちゅ」

動画でご紹介

動画で情報発信しております。

 

ワークショップ
カレンダーこづかいゲーム(オンラインセミナー版)

概要とご準備いただくものを3分40秒くらいでご紹介しています。

横井さまカット完成.jpg

こちらをクリック

買う?買わない?はじめてのお買い物体験(オンラインセミナー版)

年長さん〜小学2年生くらいまでの講座の概要を3分30秒くらいでご紹介しています。

カット1.jpg

こちらをクリック

こづかいゲームボード版(リアルでのセミナー)

小学2年生〜6年生くらいの親子が楽しんでいる様子を、1分ほどで確認できます。

8月4日こづかい講座2.jpg

こちらをクリック

 

上記は親子で楽しめるワークショップの一例です。人数やお子さんの年齢などによってカスタマイズすることができます。

 

動画で学ぶ。子どものおこづかい

どうする?.jpg 

おこづかいに関する情報やよくある質問などを、YouTube「バナナンキッズちゃんねる」で紹介しています。

 こちらをクリック

リストでもちもの、買いたいものを整理しよう

「子どもが無駄遣いするんです!」

1449196.jpg

というお声をよく耳にします。同じものを買ってしまうのは、本当にそれが好きだからということもありますが、もしかすると、何を持っているのか把握できていないということもあるかも・・。

そこで、下のリストを活用して、親子で持っているものの整理整頓をしてみませんか?それが終わったら、買いたいものや買わなくてはならないものも整理してみるといいですよ。

 

リストをご活用くださいね!

 

もちものリスト

 

これから買いたいものリスト

家計相談やファイナンシャルプランニングに関する講演・セミナーの情報は、FPサイトをご覧ください。

FPサイト.png