子ども達への金銭教育に力を入れています

 

ご訪問 ありがとうございます!.jpg

 

 

「うちの子のお金のしつけをどうしたらいい・・」

「おこづかいのお話を聞きたいんだけど・・」

「学校授業でお金について楽しく学べる方法はないか・・」

 

とお悩みの保護者・教育現場の皆さんのお力になりたいと考え、約15年活動しています。

 

横井 規子のプロフィール

 

子ども達の自立のための金銭教育活動とは

今月のご紹介記事はこちら!

「子どもにお金の使い方を教えたい」

「おこづかい制を始めたい」

「でも、きっかけがつかめなーい」

という保護者の皆さんに大好評!

Zoomを活用した、親子こづかいゲームこづかい講座のリクエスト開催をいただきました。

その方の希望日である、4月25日(日)に開催します。

 

まずは、春休み親子こづかい講座にご参加いただいた、神奈川県にお住まいの新5年生、Yちゃんの感想をご覧下さい。「プ太郎」って何?

気になる方は、講座にご参加くださいね!

Yちゃん感想.jpg

 

 

イベントの詳細・お申込みについては、下記をクリックください。


どのような活動をしているの?

 

小学生と保護者を対象にした「こづかいゲーム」などワークショップを開催

障がいをお持ちのお子さんなど、支援を要する方もサポート

PTAなどで「子どものこづかい」について講演多数

教育現場で、金銭教育や消費者トラブル授業多数


PTAや家庭教育学級向け講演・セミナー

こづかいのお話しだけではなく、教育資金に関するご依頼も増加中!

 

 

 

 


生徒向け授業・親子レク

小学校ではこづかい講座、中学校〜大学では、ライフプランや消費者トラブル講座

 

障がいをお持ちのお子さんの保護者向け講座

金銭管理に関するものと、親の支援無き後のお金についてお話しいたします

 

どんな活動をしているの? 一例ですが、「活動実績の一部をご紹介します」ページでご確認ください。

 

SNSで情報発信しています

LINE公式アカウントをやっと、作成しました。

登録していたら、イベント参加の際にお得なことがあるかも!

友だち追加

 

Facebookライブもしています。コメントお気軽に!

 フェイスブック.png

https://www.facebook.com/bananankids

 

Instagramも、ボチボチと初めています。

Instagram.png

https://www.instagram.com/noriko_yokoi/

オンラインでも、お金の授業ができます

今年はコロナにかなり翻弄された年でした。北海道は雪まつりを過ぎた頃から、全国に先駆けて感染が拡大し、予定されていた学校の授業や保護者向け講演会がいくつもキャンセルとなりました。

 

でも、11月以降の第三波(・・と思ってます)では、学校や保護者、ご担当者などから「キャンセルにはしたくない。オンラインで!」と言っていただき、全て無事に開催できたのです。

写真@.jpg

 

上の写真は、小学校での授業の様子です。今、学校では各教室にテレビがあるところがほとんどかと思います。Zoomを使いこなせる先生もたくさんいらっしゃいます。

 

こちらの学校は、テレビは私の様子やスライドを見るために用意し、恐らく子ども達の声を拾えるようにと、パソコンも準備されたのではないかと思います。

さらに、タブレットを1台用意し、先生がそれを持って教室内を歩き回り、一人一人の子ども達の様子を映してくれました。おかげで子ども達とコミュニケーションをとることもできましたし、ワークシートを書いているかどうかも確認できました。

 

 

写真Aぼかし.jpg

 

最近の小学校授業は、もっぱら「カレンダーこづかいゲーム」を行っていましたが、オンライン授業でも使えそうです。遠く離れた先でも行えることがはっきりわかりました。

 

もちろん、成功したのは先生方や主催してくださった方のおかげです。ある小学校では、時折、子ども達の声が拾えないことがありました。その時、先生方が手に持っているタブレットから「今、●●と言いました」などと、子ども達の様子を映したまま、テレビ画面の私に説明してくださったりと、何度も助けられました。授業の時の様子を思い出すと、今でも「うるっ」と、目頭が熱くなります。

 

これまで、関東圏や滋賀県、同じ北海道とはいえ、簡単には行けない知床などから、「ゲームを活用した授業をしてほしい」というご依頼をいただきました。しかし、交通費の問題がクリアできず断念したこともあります。オンラインなら、その問題はクリアできるのではないかと思っています。

リアルでお会いするのが一番です。でも、もしもそれができない場合でも対応できるようにしておきたいと思います。

 

なお、オンライン環境についての記事がありますので、ご参照ください。

 

お問合せはお気軽に。

 

2020年12月9日

支援学級でのお金の学習

札幌市近郊の小学校支援学級で、お金の授業をいたしました。

大麻東小加工2.jpg

こちらの支援学級の先生は、熱心にお金の授業を行っています。NPO法人お金で学ぶさんすう®さんの教材「コインステップ」を使って、お金をぴったり払う練習を数カ月にわたりされていたようです。

今年はコロナで買い物体験は十分にできなかったそうですが、チラシを見てどの商品を買うのか選択したり、その金額を出す練習もしていたそうですよ。

 

外部講師としてお声をかけていただいたわけですから、授業とは違う視点で、子ども達にお金の大切さや使い方を教える必要があると考えました。

1時間目

・クイズを出しながら、身近なお金のことを知ってもらいました

・私の1か月の生活費を振り返りながら、「(生活に)必要なもの」と「(買ったら)ワクワクするもの」の違いを考えていきました

 

子ども達は、「それ、買ったらだめだよ〜」などと大いに反応してくれて、楽しそうに授業を受けてくれました。

 

2時間目

買いもの体験です。せっかくなので、本物の硬貨を持っていきました。

(中)現金9800円くらい.jpg

9800円くらいあるはずですー。

 

このお金を使って、「必要なもの」と「ワクワクするもの」を買ったり、誰かのためにお金を使う体験もしました。

 

この買い物で、いくつかのドラマがあったのですよー。悔しい経験をした子もいましたし、私も悩んだ局面もありました。でも、「来年も授業をしてほしい」というお声をいただきましたので、見学にいらした保護者や、今後も引き続き子ども達を導いていく先生方に、何かヒントになることをお伝えできたのかな?と勝手に思っています。

 

支援学級でのお金の講座も、引き続き力を入れていきたいと思います。お気軽にお問合せくださいね。

 

2020年12月6日

国民生活センターウェブ版で、記事を執筆

女子少年院での消費者教育を、必要とされる時にお伺いして行っていますが、「その件について執筆していただきたい」と、独立行政法人国民生活センターからお声をかけていただきました。

2ページ程度の記事なので良かったら〜。

独立行政法人国民生活センターウェブ版12月号.jpg

 

横井規子執筆記事はこちらから。

12月号全体版やバックナンバーはこちら。

2020年12月15日

お金の教育合宿〜ネイパル北見

コロナが少し落ち着いた7月下旬、久しぶりに小学生の皆さんとお金の勉強!

それも、1泊2日のいわゆる合宿。ネイパル北見さんが企画したものに協力させていただきました。

 

生活経済教育「ねだんが変わるカレーやさん」

カレンダーこづかいゲーム

保護者向け講話「子どものこづかいについて」

 

ネイパル北見さんが一番望んでいたのが、「ねだんが変わるカレーやさん」

なぜなら、夏のお祭りに向けて、事前に子ども達が商品企画をし、材料を買い、値段をつけて当日販売をするというイベントの計画を立てていたからです。まずはこのワークショップを体験させ、勉強してもらおうと考えていたようですよ。

しかし、コロナで夏祭りは中止。それでも、お金について学んでもらいたいと、当初5月の合宿が6月・・7月と変更になりましたが、開催ということになったのです。

 

カレー屋さん1.jpg

 

「ねだんが変わるカレーやさん」は盛り上がる!

チーム対抗戦!

ざっくりとした流れ

一人一人元手を出して、カレーやさんのオーナーになります。

カレーの材料を買い、経費や利益を考えながら、カレー1皿分の値段を決め、消費者役の大人に販売します。

今回は5チーム!

 


多少難しいところがあるので、小学4年生以上を対象としています。そして、大人の力が必要なんです。各チームに、少なくとも1人の大人の助言がないと、なかなか上手くいきません。お金券のやりとりをする人も、消費者役の大人も必要です。

そこで今回は、大学生ボランティアや、他の地域のネイパルの職員さんなども含め、13人の大人に集まっていただきました。


カレー屋さん5.jpg


カレー1皿分の値段が決まったら、消費者役の大人の皆さんにプレゼンをし、販売をします。まずは、各チーム2皿ずつ。


「きっと、大人はカレーを買ってくれるだろう」と甘い考えではいけません。案の定、1皿も売れなかったチームが一つありました。休憩時間、みんな、沈んでいます・・・。


しかし、子ども達は力があるんです!2回戦はプレゼンを改め、ホワイトボードに書いた看板の中身も変え、積極的に売りに行き、一番に売り抜けました。

カレー屋さん6.jpg


「あきらめない!」「ダメだったら工夫する」

 ということに気づいてくれたのではないでしょうか。

 

本当に、このワークショップは、子ども達の力や協力する姿を見ることができるので、大好きです。

「学校授業でもできるのではないですか」と言ってくださった方がいます。授業3時間分で、「社会」「算数」「道徳」の勉強ができるということらしいです。そう言ってくださったことで、授業の可能性を感じた1日となりました。

 

2020年8月1日


ライブで情報発信

FacebookページとYouTubeの同時配信で、子どものお金に関する情報をお伝えしています。20〜30分の範囲内です。

下記はいくつかあるなかの6本です。

yazirushi2.gif
 
yazirushi2.gif
 
yazirushi2.gif
7回目表紙.jpg   5回目ライブの表紙.jpg   4日目ライブ.jpg

 

yazirushi2.gif
 
yazirushi2.gif
 
yazirushi2.gif
3回目.jpg   2回目のタイトル.jpg   1回目のタイトル.jpg

 

もっと見てみたい方、ライブでコメントしてみたいという方は、Facebook(バナナンキッズ 横井 規子)もしくはYouTube(バナナンキッズちゃんねる)でぜひ!

アクセス

「大通駅」徒歩3分

「札幌駅」徒歩7分

(地下遊歩道9番出口から時計台に向かって徒歩1分)

Facebookはこちらから

金銭教育に役立つ情報やイベントのお知らせを発信しています。

フェイスブック.png

 

LINE公式アカウントでも情報発信しています。

友だち追加

 

Instagram

Instagram.png

小冊子 好評発売中
小冊子撮影分.jpg

「どうする?子どものお金のしつけ」

横井 規子 著 (300円)

 

マスコミ掲載
 

3a53b54ffc6c30003ec94ef75ac26048_m.jpg

北海道新聞生活欄でのコラムはこちら。

取材記事はこちら。

テレビ北海道
  こづかいゲームの様子

 STV小樽フラッシュニュース
  こづかいゲームの様子

 FMラジオAIR-Gの番組の中で、こづかい講座をご紹介いただきました
  

動画でご紹介

動画で情報発信しております。

 

ワークショップ
カレンダーこづかいゲーム(オンラインセミナー版)

概要とご準備いただくものを3分40秒くらいでご紹介しています。

横井さまカット完成.jpg

こちらをクリック

買う?買わない?はじめてのお買い物体験(オンラインセミナー版)

年長さん〜小学2年生くらいまでの講座の概要を3分30秒くらいでご紹介しています。

カット1.jpg

こちらをクリック

こづかいゲームボード版(リアルでのセミナー)

小学2年生〜6年生くらいの親子が楽しんでいる様子を、1分ほどで確認できます。

8月4日こづかい講座2.jpg

こちらをクリック

 

上記は親子で楽しめるワークショップの一例です。人数やお子さんの年齢などによってカスタマイズすることができます。

 

動画で学ぶ。子どものおこづかい

どうする?.jpg 

おこづかいに関する情報やよくある質問などを、YouTube「バナナンキッズちゃんねる」で紹介しています。

 こちらをクリック

リストでもちもの、買いたいものを整理しよう

「子どもが無駄遣いするんです!」

1449196.jpg

というお声をよく耳にします。同じものを買ってしまうのは、本当にそれが好きだからということもありますが、もしかすると、何を持っているのか把握できていないということもあるかも・・。

そこで、下のリストを活用して、親子で持っているものの整理整頓をしてみませんか?それが終わったら、買いたいものや買わなくてはならないものも整理してみるといいですよ。

 

リストをご活用くださいね!

 

もちものリスト

 

これから買いたいものリスト

家計相談やファイナンシャルプランニングに関する講演・セミナーの情報は、FPサイトをご覧ください。

FPサイト.png