お金の知識と判断力を高める『子どものお金専門家』


「物が壊れたら買えばいいでしょう」と、お金の大切さがわからなかった娘にこづかい制を取り入れ、みるみる変化!それを機に、お金の知識と判断力=マネーリテラシーを高める専門家として活動15年。


ゲーム形式で学べる講座は、「口で説明するよりわかりやすい」と、授業や親子レクなど、これまで250校、14,000人が受講。

 コロナ禍でPTA講演会が開催できないなか、こづかいやお金の最新情報をライブ配信で届けています。

 

「講演会で、話を聞いてみたい」

「親子レクでこづかいゲームをしたい」

「外部講師による授業を考えてみたい」

 

という、保護者や教師の皆様、お気軽にご連絡くださいね。

 

子どものお金の悩み

どのような活動をしているの?

 

小学生と保護者を対象にした「こづかいゲーム」などワークショップを開催

障がいをお持ちのお子さんなど、支援を要する方もサポート

PTAなどで「子どものこづかい」について講演多数

教育現場で、金銭教育や消費者トラブル授業多数


PTAや家庭教育学級向け講演・セミナー

こづかいのお話しだけではなく、教育資金に関するご依頼も増加中!

 

 

 

 


生徒向け授業・親子レク

小学校ではこづかい講座、中学校〜大学では、ライフプランや消費者トラブル講座

 

障がいをお持ちのお子さんの保護者向け講座

金銭管理に関するものと、親の支援無き後のお金についてお話しいたします

 

どんな活動をしているの? 一例ですが、「活動実績の一部をご紹介します」ページでご確認ください。

 

今月の記事はこちら

さて今月は、発達が気になるお子さんのお金に関する講座のご依頼を2件いただきました。

 

1件目は、市立札幌みなみの杜高等支援学校3年生を対象に、授業1時間分頂戴し、「上手なお金の使い方 『分ける』について考えよう」というタイトルでお話。こちらの学校では、卒業後に就労するお子さんが多く、一人暮らしの夢を持っている子も多いとのこと。ですから、上手にお金を使えるように、電子マネーのことや、ネットショッピングのことなど、お金にまつわる話を7月に集中して学ぶそうです。その第一弾として、講座の開催を検討し、お声をかけてくださいました。

 

生活費などの「必要なもの」のことや、貯蓄のことなど、ちょっとしたワークをしながら話を進めていきました。

4780905_s.jpg

 

感想をたくさんのお子さんから頂戴しました。

 

「ゆっくり説明してくれたので、とても分かりやすかった。追いつけたので良かったと思います」

「必要なものと欲しいものを分けることによって、貯金が増えたり、生活しやすくなるということが分かりました」

 

など、しっかり聞いていただけたことがわかりました。

 

2件目は、ある団体からのご依頼で、保護者向けの講座。ご担当者様は、対面講座にしようか、オンラインにしようか、かなり迷われたようですが、コロナがどうなるのかわからないこともあり、Zoomを使ったオンライン講座となりました。

20210708.jpg

電子マネーやゲームの課金など、悩みも深いようですね。見えないお金を理解するのは、どんな子であっても難しいものです。まずは、現金を教える、買い物の体験をさせるというのが良いのですが、どう理解させるのか、いくつかのポイントをお伝えしました。

 

このように、保護者向け講座については、オンラインでの開催も可能です。気になる方は「お問合せ」よりお気軽に!

SNSやサイトの情報をひとまとめ

女性に特に大人気のLit.Linkを使ってみることにしました。SNSやサイトの情報が入手できます。

QR_583485.jpg

専門学校でマルチ商法を伝えるアニメーション動画も活用して、お金の講座を開催

毎年伺っている専門学校でお金の講座をさせていただきました。授業3時間分を4日間行いました。

 

4日間の内容

1日目 「一人暮らしの家計管理ゲーム」

2日目 「ライフイベントとマネープラン」&「契約と消費者トラブル」

3日目 「がんライフと社会保険」&「資産形成と金融商品」

4日目 「卒業後、10年間のライフイベントとキャッシュフロー表作り」

 

 

個人考察⇒グループワークの時間も取ったからか、授業は大変盛り上がり、「楽しいー」というお声が、あちらこちらから・・。

 

しかし、気になることもありました。消費者トラブルの授業で、事例をいくつかご紹介したのですが、その一つが「マルチ商法」

昔からある、一般的な事例ということでご紹介したのですが、クラスの空気がちょっと変わった気がしました。似たような話をよく聞くそうなんです。

 

マルチ商法は違法ではないのですが、学生に無理なローンを組ませるなど、問題もおきています。やはり、子ども達が成年になる前の高校2年生までに(※2020年より、成年年齢が18歳に引き下げられます)、なんとか情報を伝えておきたいものです。

 

実は、一人でも多くの子ども達に伝えるべく、アニメーション動画を作成し、YouTubeにアップしています。マルチ商法の仕組みや、どのようにしてトラブルに巻き込まれるのかなどがわかります。ぜひ、親子で・・学校でご覧下さい。

 

中学・高校で「契約や消費者トラブル」講座のご依頼もいただいています。オンラインも可能なので、お気軽にご連絡くださいね。

 

支援学級でのお金の学習

札幌市近郊の小学校支援学級で、お金の授業をいたしました。

大麻東小加工2.jpg

こちらの支援学級の先生は、熱心にお金の授業を行っています。NPO法人お金で学ぶさんすう®さんの教材「コインステップ」を使って、お金をぴったり払う練習を数カ月にわたりされていたようです。

今年はコロナで買い物体験は十分にできなかったそうですが、チラシを見てどの商品を買うのか選択したり、その金額を出す練習もしていたそうですよ。

 

外部講師としてお声をかけていただいたわけですから、授業とは違う視点で、子ども達にお金の大切さや使い方を教える必要があると考えました。

1時間目

・クイズを出しながら、身近なお金のことを知ってもらいました

・私の1か月の生活費を振り返りながら、「(生活に)必要なもの」と「(買ったら)ワクワクするもの」の違いを考えていきました

 

子ども達は、「それ、買ったらだめだよ〜」などと大いに反応してくれて、楽しそうに授業を受けてくれました。

 

2時間目

買いもの体験です。せっかくなので、本物の硬貨を持っていきました。

(中)現金9800円くらい.jpg

9800円くらいあるはずですー。

 

このお金を使って、「必要なもの」と「ワクワクするもの」を買ったり、誰かのためにお金を使う体験もしました。

 

この買い物で、いくつかのドラマがあったのですよー。悔しい経験をした子もいましたし、私も悩んだ局面もありました。でも、「来年も授業をしてほしい」というお声をいただきましたので、見学にいらした保護者や、今後も引き続き子ども達を導いていく先生方に、何かヒントになることをお伝えできたのかな?と勝手に思っています。

 

支援学級でのお金の講座も、引き続き力を入れていきたいと思います。お気軽にお問合せくださいね。

 

2020年12月6日

ライブで情報発信

FacebookページとYouTubeの同時配信で、子どものお金に関する情報をお伝えしています。20〜30分の範囲内です。

下記はいくつかあるなかの6本です。

yazirushi2.gif
 
yazirushi2.gif
 
yazirushi2.gif
7回目表紙.jpg   5回目ライブの表紙.jpg   4日目ライブ.jpg

 

yazirushi2.gif
 
yazirushi2.gif
 
yazirushi2.gif
3回目.jpg   2回目のタイトル.jpg   1回目のタイトル.jpg

 

もっと見てみたい方、ライブでコメントしてみたいという方は、Facebook(バナナンキッズ 横井 規子)もしくはYouTube(バナナンキッズちゃんねる)でぜひ!

アクセス

「大通駅」徒歩3分

「札幌駅」徒歩7分

(地下遊歩道9番出口から時計台に向かって徒歩1分)

Facebookはこちらから

金銭教育に役立つ情報やイベントのお知らせを発信しています。

フェイスブック.png

 

LINE公式アカウントでも情報発信しています。

友だち追加

 

Instagram

Instagram.png

小冊子 好評発売中
小冊子撮影分.jpg

「どうする?子どものお金のしつけ」

横井 規子 著 (300円)

 

マスコミ掲載
 

3a53b54ffc6c30003ec94ef75ac26048_m.jpg

北海道新聞生活欄でのコラムはこちら。

取材記事はこちら。

テレビ北海道
  こづかいゲームの様子

 STV小樽フラッシュニュース
  こづかいゲームの様子

 FMラジオAIR-Gの番組の中で、こづかい講座をご紹介いただきました
  

動画でご紹介

動画で情報発信しております。

 

ワークショップ
カレンダーこづかいゲーム(オンラインセミナー版)

概要とご準備いただくものを3分40秒くらいでご紹介しています。

横井さまカット完成.jpg

こちらをクリック

買う?買わない?はじめてのお買い物体験(オンラインセミナー版)

年長さん〜小学2年生くらいまでの講座の概要を3分30秒くらいでご紹介しています。

カット1.jpg

こちらをクリック

こづかいゲームボード版(リアルでのセミナー)

小学2年生〜6年生くらいの親子が楽しんでいる様子を、1分ほどで確認できます。

8月4日こづかい講座2.jpg

こちらをクリック

 

上記は親子で楽しめるワークショップの一例です。人数やお子さんの年齢などによってカスタマイズすることができます。

 

動画で学ぶ。子どものおこづかい

どうする?.jpg 

おこづかいに関する情報やよくある質問などを、YouTube「バナナンキッズちゃんねる」で紹介しています。

 こちらをクリック

リストでもちもの、買いたいものを整理しよう

「子どもが無駄遣いするんです!」

1449196.jpg

というお声をよく耳にします。同じものを買ってしまうのは、本当にそれが好きだからということもありますが、もしかすると、何を持っているのか把握できていないということもあるかも・・。

そこで、下のリストを活用して、親子で持っているものの整理整頓をしてみませんか?それが終わったら、買いたいものや買わなくてはならないものも整理してみるといいですよ。

 

リストをご活用くださいね!

 

もちものリスト

 

これから買いたいものリスト

家計相談やファイナンシャルプランニングに関する講演・セミナーの情報は、FPサイトをご覧ください。

FPサイト.png