Q 「うちはうち」と納得させるためにはどうしたら良いですか

けっこう高額なこづかいをもらっているという情報を持ち帰ってくることがあります。「うちはうち」と納得させるためにはどうしたら良いですか?

こづかいを渡す理由を伝えてみては

 

こづかいを渡す時に、子どもに理由を伝えていないご家庭は少なくありません。

 

忘れがちですが、そもそも、「大人になって、しっかりお金が使えるように」と、練習させる意味で渡しているのではないですか?それをまず、伝えてみましょう。

 

そして、そのお金はどこからきているのか。おうちの人が働いて得たお金をやりくりして、渡していることを伝える。

各家庭によって渡せる金額は違うし、こづかいで学んで欲しい金額も異なることを繰り返し話して聞かせることが大切なのではないかなと思っています。


なんのためにやりくりをしているのかも、お話してみると良いのでは?


例えば、「将来、あなたが進学する時の費用を貯めるために、普段からやりくりをしているのよ」など、理由をお伝えしても良いのではないかなと思います。だから、各家庭によって、出せるお金も違うことを話してみてはいかがでしょうか。


私が子どもの頃は、親や祖父母から、「お金のことなんて話すんじゃない!はしたない!」と、怒られる時代。でも、世の中は変わりました。むしろ、学校で金銭管理を学ぶようになっていますからねー。


まずは、「うちはうち」の理由を話してみましょう。

 

次に書いてあることを言ってみると、お子さんもやる気になるのではないでしょうか。

 

今、渡している金額のなかで、しっかり使い方を学んでいる様子が見えれば増額もありうること

力がつけば、お年玉の一部を任せることもできる

だから、普段のこづかいをしっかり考えて使ってほしいのよ

 

しんどいなーと思うこともあるかもしれませんが、その期間は意外と短いかもしれませんよ。