親子レク・サタデースクールの内容

親子レクやサタデースクールで、お金の使い方について考えてみませんか。シミュレーションゲームを使用しながら、楽しく学ぶことができます。

平成30年度もいくつかの小学校にお伺いいたしました。31年度もお声がけお待ちしております。

 

小学校で行う場合

1クラス単位でも、学年レクなど大人数でも対応可能

スクリーンやプロジェクターをご準備いただきます

所要時間は60〜90分程度。45分に短縮も可能

 

カレンダーこづかいゲーム 

・パワーポイントで作成したスライドに沿って、1か月の買い物をしていきます

・じゃんけんをしながら進めていきます

・中学年〜高学年に向いていますが、全学年を対象に行うこともあります

 

こづかいゲームPP版 

・パワーポイントで作成したスライドに沿って、必要なものとほしいものを買う体験をしていきます

・低学年に向いています

 

なお、保護者の参加が多く、1クラス単位でしたら、カードゲームもお勧めいたします

こづかいゲームペア 

・親子2人1組になり、カードを引きながら買い物をしていきます

・お金券のやりとりをします

 

 

幼稚園で行う場合

紙芝居ふうのイラストを見ながら進めていきます

所要時間は45分程度

1クラス単位の親子レク対応

 

もちものをたいせつに じゃんけんゲーム 

・金銭教育はじめの一歩が、物を大切にすること。ゲームで心を育てます

・年長児に向いています

 

 

中学校で行う場合

大人数でも対応可能

スクリーンやプロジェクターをご準備いただきます

所要時間は50〜100分

 

一人暮らしの家計管理ゲーム 

・将来の生活設計や職業、社会保険について学んでいきます

・保護者の参加が少なくても大丈夫です

中学校での親子レク・サタデースクール

中学校での親子レクは、保護者の参加がぐっと少ないという場合もあるようですが、それでも一緒に楽しめるものはないか、悩むご担当者様も多いようですね。また、「年齢的にスポーツ系は避けたい・・・」というお声もあると聞きます。

 

そこで、おすすめしたいのが、「一人暮らしの家計管ゲーム」 中学生にもなれば、職業や社会保険について学んでいきます。数年もすれば、社会に出て、自分でお金を使って生活をしていきます。職業選択、ライフプランの立て方など、シミュレーションゲームをしながら親子で楽しく学んでみませんか。
サタデースクールにもお勧めです。

 

一人暮らしの家計管理ゲーム

 

 

パワーポイントで作成したこの学習教材は、生徒だけでも、保護者の参加があっても可能なプログラムで、授業や親子レクで採用いただいています。

保護者の参加がある場合、一緒にゲームを体験することで家計管理のヒントになることが多く、将来のことを親子で話し合うきっかけになります。実際に保護者からは、「子どもも楽しんでいたし、大人の私もとっても楽しかった」「家計管理について、もう一度考えてみようと思った」「ローンや悪質商法のことなど、教えておくべきだと気づいた」など、多くの喜びのお声をいただいております。

 

 

もし、一人暮らしをすることになったら、どのくらいのお金がかかるのだろう?

正社員、契約社員、フリーターなど、いろいろな働き方があるけれどその違いは?

悪質商法にあったらどうするの?

お金を借りたらどのくらい利息がかかるの?

自分の夢や希望を達成できるの?

など、キャッシュフロー表※を作りながら、ゲームの中で様々な体験をしていきます。

 

※キャッシュフロー表とは、年単位、万円単位で「収入」「支出」「年間収支」「貯蓄残高」の推移を一覧表にしたもので、将来を数字で予測することができます。中学生でもわかりやすいように作成したものを使って進めていきます。

 

キャッシュフロー表に、一人暮らし後の5〜6年分の収入と支出額を入れることで、生活のイメージを持たせます。

 

年度ごとにはテーマがあり、3択のスライドを使い、じゃんけん勝負各自の選択で進行していきます。

 

100人、200人同時に行うことができます。時間は50〜100分程度。

 

 

帯広市立帯広第八中学校で、2年生親子レクを開催!

 

 

ご準備いただくもの

・プロジェクター、スクリーンなど、パワーポイントで作成した教材を投影できるもの

・マイク

・生徒、保護者に1枚ずつのワークシートを使用します。参加人数分のワークシート印刷をお願いいたします。両面モノクロでも可能です。

・参加者は筆記用具

・計算は3桁ですが、必要な生徒がいらっしゃれば電卓使用も可能です

 

講演料などはご相談に応じております。

全国からお問合せがあります。対応できる場合ありますので、お気軽にお問合せください。

カレンダーこづかいゲーム

PTA主催親子レクや小学校学年レクでぜひ!」

とお声がけいただいて楽しんでもらっているのが「カレンダーこづかいゲーム」

 

関内小学校8.jpg

 

小学校の先生からも、「高学年は家庭科でお金について学ぶのでちょうど良いです!」と、喜んでくださいます。

 

「えっ?高学年だけ?」

 

いえいえ、小学3年生、4年生親子レクの実績あり低学年も、上の兄弟姉妹と楽しそうに取り組んでいます

保護者とお金券のやりとりをしたり、じゃんけんをしたりしてみんなで楽しんでいただいています!

 

上富良野小グッズ.jpg

 

 

1か月のカレンダーに沿ったパワーポイントで作成したこづかいゲーム

 

1か月の間にお金を使うであろう場面を想像させ、こづかいをどう使うのかシミュレーション

 

1か月を見通したこづかいの使い方が意識できる

 

ゲームを通して、こづかい帳のつけかたを学ぶことができる

 

じゃんけんも取り入れながら、楽しく学ぶ

 

子どもの年齢、規模、地域やご要望にあわせて内容を作り変えることができる

 

 

カレンダーにのっているカラフルな色はどういう意味?当日お伝えします。

 

カレンダー12月の場合.jpg

 

《ねらい》

・金銭の管理能力、やりくりする力が身につく

・欲しいものと必要なものを選択する力が育つ

・先を見通してお金を使うことを学ぶ

・こづかい帳を書くことができるようにする

・計算能力が身につく

 

《時間》

80分〜90分

このくらいお時間をいただけると、ゆっくり学ぶことができますし、振り返りもしっかり行うことができます。「どうしても45分で」という場合は、事前にこづかい練習帳に「欲しいもの」を書きこんでいただくことをお願いしております(こづかい練習帳を事前に送付します)。

 

学年全体や学校全体など、100名、200名同時に学ぶことができます!

 

《ご準備いただくもの》

・スクリーンやプロジェクターなど、パワーポイントを使用できる環境が必要です

・お子さんには、筆記用具を持たせてください

体育館などで机を使用せずに行う場合、探検バック(下の写真をご参考ください)か、それに似たものをお子さんに持たせると、こづかい練習帳も書きやすいです。

・机とイスをご準備いただける場合は、配置はスクール形式(このページの一番上の写真参照)でお願いします。

 

探検バック。学校でお使いになっていませんか?

探検バッグ見本 002.jpg探検バッグ見本 003.jpg探検バッグ 002.jpg

 

講師料金はご相談に応じておりますので、まずはお気軽にお問合せください。

 

 

親子レクトップページにもどる

こづかいゲームペア

親子で組みになり、カードをめくりながら買い物をしていきます!

 

こづかい管理の疑似体験をしながら、こづかい帳の記帳をマスター

 

保護者とお金券のやりとりをしていく

 

カードゲームを通して、必要なものと欲しいものを意識し、限られたこづかいの使い道を考える

 

5種類のカードをめくり、カードの文言に沿って買い物をしていきます!

 

定額のこづかいをもらうタイミングを忘れないため
感謝される報酬のない活動。エコライフなどを学ぶハッピーな体験をするカード
必ず買わなくてはいけない必要なものを表現するカード
欲しいものを買うか買わないか、自分で選択するカード
支出はないヒヤッとする体験や、実際に支出を伴うがっかり体験、アクシデント

要回収.jpgおはなし会10s.jpg

 

《ご準備いただくもの》

・机とイス(親子ペア)

・筆記用具

・できれば、スライドとプロジェクター(なくても大丈夫です)

 

《時間》

50〜60分

 

講師料金はご相談に応じておりますので、まずはお気軽にお問合せください。

 

親子レクトップページにもどる

こづかいゲームPP版

緑ヶ丘.jpg帯広019.jpg帯広010.jpg

パワーポイントで作成したスライドを見ながら買い物をしていきます。100名、200名同時に学ぶことができます。小学校低学年の親子レクの場合におすすめしております。

 

《概要》

こづかい練習帳を使用します。パワーポイントに従って、じゃんけんをしながら進めていきます。必要なものや欲しいものを購入していきます。こづかい帳のつけかたもマスターできます。

 

《ご準備いただくもの》

・スクリーンやプロジェクター等、パワーポイントを使用できる環境設定が必要です

・児童には、筆記用具を持たせてください

・体育館などで机を使用せずに行う場合、探検バッグ(下の写真をご参考ください)か、それに似たものを児童に持たせると、こづかい練習帳も書きやすいです

・机とイスをご準備いただける場合、配置はスクール形式でお願いします

 

探検バッグ。学校で使用していませんか?

探検バッグ見本 002.jpg探検バッグ見本 003.jpg探検バッグ 002.jpg

 

《時間》

45分〜90分

低学年の場合は特に、長い時間いただけるとゆっくり進めることができます。しかし、45分程度で行ったケースもございます(帯広市立緑ヶ丘小学校など)。45分の場合、ゲームのなかで購入する欲しいものを事前に考えていただくなど、ご協力をお願いすることがございます。

 

札幌市立西野第二小学校では、2年生親子レクでこちらのツールを使用。40組程度の親子が参加することが事前にわかっておりましたので、こちらでお金券を用意し、親子でお金券のやりとりをしながら進めていきました。低学年には、お金券のやりとりを入れるとより良いと思います。

 

講師料金はご相談に応じておりますので、まずはお気軽にお問合せください。

 

親子レクトップページにもどる