Q 子ども同士でお金の貸し借りをさせてもいいでしょうか

浪費癖を助長するようなお金の貸し借りは、しない、させない

 

小学校高学年になると、友達同士でショッピングセンターや街の中心部に遊びに行くこともあるかもしれませんね。

学校によっては、

「友達同士で遊びに行ってはダメ」

「郊外を出てはいけない」

というルールを決めているところもあります。

 

まずは、「ルールを守る」ことを子どもに伝えましょう。

 

親同士で話し合いをして、「たまにならいいでしょう」と、遊びに行くことを許しているケースもあります。

お金を持たせることになるかと思いますが、そこで気軽にお金の貸し借りをすることもあるようです。

 

ところが、それをきっかけに、仲の良い友達関係にひびが入り、トラブルになることも・・。

 

 

こんなことが起こることも

「お金を貸したのに返してくれない」

「お金を借りたことを忘れられている」

「何度も貸してと言われる」

「他の友達からも、貸してと言われる」

「返すのが遅くなって、クラスのみんなから悪口を言われた」

 

 

 

こんなことで、友達関係が崩れるなんて、親としても辛いものがありますよね。

 

そもそも、こづかいは、使い方の練習のために渡しているもので、貸し借りのために渡しているわけではないことを伝えておくこと。

親子でルールを決めておくことが大事です。

 

しかし、

「友達と一緒に習い事に行って、帰りのバス代が足りなくて困っていたので貸した」

・・というような時は、別です。

 

その場合は、きちんと親に報告するよう、子どもに伝えていきましょう。

 

アニメーション動画も作成しました。親子でご覧になってください。