オンライン講座「子どもの自立心を育てる 小遣いの与え方」

2021年11月に開催した、オンライン講座のお客様の声をお届けします。

子ども(孫)の小遣いの与え方を知りたい!悩みがある!と言う方たちにお集まりいただきました。

今回は、参加の皆様に、心に残ったワードやエピソードをお聞きしました。

 

「失敗してもほめること」が心に響きました

いずれのものもダメダメと言うよりも、親子で一緒に上手な使い方を学んでいくことが重要かと思いました

お小遣いの見える化で、透明の入れ物で分けて管理するということがすぐにできそうです

お金の使い方は、心を表しているというのがしっくりきました

親の価値観で決めつけないというところが心に残りました

貯金して待っている間に「やはりいらない」となるところもある

中学生近くになると、ブランド物とか買いたくなるのですね!

親の価値観を押し付けない

冒頭にお話があった、買い物に行った時に、自分のお小遣いから買うように促したら、「じゃあ、いいや」となった話が響きました。本当に欲しいものがその時見えるってことですよね

うちにあるもので見える化して、継続して定時定額の小遣いを続けるのが良いと思いました

100円で何か買わせてみる。やってみます。つい、カードを使ってしまうので