Q こづかいを前借りしたいと言われたら

A

当面は前借りはさせないようにしましょう

 

いただいたこづかいを「ぱっ」と使ってしまい、本当に欲しいものが買えないこともあるかもしれませんね。また、消費欲がそそられる時代です。CMやお友達が持っている物を見て、「あれが欲しい、これも欲しい」ということもあるでしょうね。


でも、こづかいをもらえるものだとあてにして、先に欲しい物を手に入れるような習慣は避けたいものです。こづかいは、家庭の経済状態で渡せない場合もあります必ずしももらえるものではないことを教えましょう。


お金を借りることは必ず返さなければなりません。そして、利息がかかるのが一般的です。実は、うちの子に、1回だけ前借りをさせたことがあります。その時、利息を支払うことを条件としましたが、「借りることで、余計なお金を払わなくてはいけない」ということが嫌だったようですね。二度と、前借りの請求をすることはありませんでした。

 

知人も、1度だけ、お子さんにお金を貸したそうですが、「何度も貸して」と言われたそうです。「お金がなければ我慢する必要はない。借りれば良い」ということを教えることに繋がり、大変後悔している様子でした。

 

このようなことから、前借りはさせないほうが良いと思っています。

 

借り入れの仕組みがわかるようになり、自分の支払い能力のなかで資金を借り、利息を払ってでも先に手に入れたいと判断するまでは、厳しく「ダメ!」と言ってみてはいかがでしょうか。

 

前借りができるようになると、決まった金額のなかでやりくりをするという、定額のこづかい制のメリットがなくなります。我慢や工夫をすること、貯蓄の大切さを教えていきましょう。案外、待つことで、本当に欲しい物ではなかったと気づくこともあるものです。