今年の誕生日プレゼントは

子どもが自分のこづかいではなかなか買うことができない高級な物。それをプレゼントしてくれる行事がいくつかあります。誕生日、クリスマス、子どもの日、孫の日など・・・。このようなときに、娘はシルバニアファミリーのセットや、アイスクリームを作ることができるおもちゃなど、3千円〜5千円くらいの物をゲットしておりました。

でも、それで年に何回遊んでいることでしょう!いただいたときは遊びますが、数回遊ぶとそれっきり。1回しか遊ばず、押入れのなかに眠っている物もいくつかあります。なぜ、大事にしないと思いますか?自分のお金を使わないから。よく考えもせず買ってもらうからなのです。

さて、誕生日が近づいてきたある日、「今年はDSiが欲しい」と言い出しました。1万9千円近くする高級な物です。親戚の子ども達や友達が持っているので、自分も欲しくなったそうです。誕生日は「誕生を祝う日」であって、「必ず欲しい物がもらえる日」ではありません。それに、値段が高いなどの理由でゲームを持たせる気もありません。でも、甘い親ですね。条件をつけて、プレゼントすることになりました。

その条件とは、自分もお金を出すこと。これまでのように、もらったらそれっきりというのはNGですし、たくさんのお金をこれまで皆に使わせていたんだということも理解してもらいたい。そこで、両親、両家の祖父母から5千円ずつ現金をもらい、足りない分の約4千円を自分のお金(お年玉を貯めていた分)で払って買うという約束をしました。

今回は自分のお金も使いますので、誕生日までの間、どこのお店なら安く購入できるのか、DSは本当に欲しい物なのだろうかと考えていたようです。自分で銀行に行ってお年玉を引き出したことにより、通帳の数字が減る寂しさや、貯めていたら欲しい物が買えるんだということも理解しました。この体験は、大きくなってからの財産になるのではないでしょうか。

「こんな時くらい好きな物をプレゼントしてあげてもいいでしょう」という意見もありますが、特別な日だからこそ、高級な物とのつきあい方、プレゼントの意味などを教えることができればと思います。

2009年9月20日