Q 小学生がもらったお年玉の金額

毎年12月になると、お年玉に関する質問を頂戴しています。世の小学生は、いったいどのくらいいただいているものなのでしょう。

金融広報中央委員会「子どものくらしとお金に関する調査(第2回)平成22年度」によると、下記記載の金額の範囲内でもらっているという子が多いようですね。

 小学生低学年
 10,000円くらい(24.6%)
小学生中学年  10,000〜20,000円未満(28.5%)
 小学生高学年  20,000〜30,000円未満(27.2%)
 中学生  10,000〜50,000円未満(52.0%)
 高校生  10,000〜50,000円未満(48.9%)

 
たくさん頂いているんですね。「このお金は自分のもの!好きに使ってもいいじゃない!」と言われて悩む保護者も少なくありません。しかし、全て渡して浪費癖を助長するようなことがあっては、子どものためにはなりません。親が預かったり、金融機関に預けても良いのでは。この時、理由も話さずに取り上げると、「盗られた!」ときっと思うはず。「大きくなった時に使わせたい」などと理由を話しておくようにしましょう。

 

しかし、普段のこづかいでなかなか買えない高額のものがほしいと言うのなら、いただいたお金で一つ、二つは買わせても良いのでは。この場合でも、毎月のこづかいを少しずつ貯めて、その分と合わせて買うなど、ちょっと時間をかけたり、苦労をさせたほうが学びになります。