PTA家庭教育学級での親子体験学習

PTA家庭教育学級にて、子どものこづかいや子育て世代のマネープランについてお話しさせていただく機会があります。平日の午前中ですから、参加者は全て大人。でも、子ども達と接する機会をいただくこともあるんです。それが「親子体験学習」。夏休みや冬休み、土曜日を利用して、親子でゲームをしながらお金とのつきあい方について学んでいただきます。

この夏は、札幌市立南の沢小学校と札幌市立北都小学校家庭教育学級からお声をかけていただきました。どちらも親子で「こづかいゲーム(ボード版)」を体験していただきました。高学年のお子さんは、自分の買い物の振り返りが出来ていましたし、低学年のお子さんも、しっかりこづかい帳をつけることが出来るようになっていましたね。どの子も素晴らしかったですよ!

冬休みは、3つの小学校家庭教育学級から依頼されており、皆さんとの出会いを楽しみにしているところです。

保護者の参加人数や、参加されるお子さんの年齢などに合わせて、ゲームの内容をカスタマイズすることができますし、いくつかのツールをご用意しておりますので、そこから選んでいただくこともできます。興味がありましたら、お気軽にお問い合せくださいね。

札幌市立南の沢小学校家庭教育学級の様子(4グループのうちの2グループ)

南の沢小1.jpg南の沢小2.jpg

2012年9月22日