中学校でのライフプラン教育プログラムのご紹介

 

中学校教育現場の皆様必見!

ライフプラン教育プログラムをご紹介いたします。

セミナーは、ゲーム形式でじゃんけんも取り入れながら、飽きずに楽しく学べます。

中学3年生もしくは2年生対象。

 

 現代の中学生は、「総合的な学習の時間」等で職業について学んでいきます。職業体験もしながら、望ましい勤労観・職業観を形成し、主体的な進路の選択と将来設計を考えていきますが、そのお手伝いをしております。

 

総合的な学習の時間で活用するワーク

 

・総合的な学習の時間で活用するワークをご提供しております

・発表活動やレポート作成を総合的な学習の時間の評価に使っている中学校もあります

・国語や社会、公民、家庭科等で身につけた知識や技能等を関連づけ、学習や生活に生かすことができます

バナナンキッズによる、「自立のためのライフプランセミナー」とあわせてご活用ください

 

 

セミナー前の学習

■1時間目

・オリエンテーリング

・ワーク「一人暮らしにかかる費用はいくら?」

 

■2時間目

・ワーク「社会人になってからの1か月の生活費をイメージしよう」

・個人考察

・グループワーク

 

■3時間目

・学歴別初任給と、自分がイメージした生活費から家計管理を考える

・職業別年収の確認

・「社会人になってからの1か月の生活費をイメージしよう」の感想を発表

 

■4時間目

・ワーク「自分の未来のために使われる費用を考えてみよう」

・ワーク「30歳までにかなえたい夢」

 

バナナンキッズによるセミナー

自立のためのライフプランセミナー

■5時間目

・社会保険や職業選択など(ご要望にあわせております)

 

■6時間目

・「一人暮らしの家計管理ゲーム」

※ゲームをしながら、生活設計や消費者トラブルなど考えていきます

 

 

セミナー後の学習

■7〜8時間目

・セミナーで学んだ「ライフイベント表」「キャッシュフロー表」の復習

・卒業後の10年間の自分のライフイベントを考える

・卒業後の10年間のキャッシュフロー表作り

 

■9〜10時間目

・掲示物「わたしのライフプラン 30歳 何をしている?」作り

・スピーチ原稿を書く

 

■11〜12時間目

・「わたしのライフプラン 30歳 何をしている?」の発表

・セミナー講師への感想文

 

 

 

A中学校での取り組みをご紹介いたします!

 上記プログラムを全て総合的な学習の時間で行います。「わたしのライフプラン 30歳 何をしている?」を廊下に掲示。スピーチと掲示作品を総合的な学習の評価に使ってくださっています。発表活動やレポート作成は国語で培われる表現力やコミュニケーション能力と関連。社会、公民、家庭科は指導として金融に関するものを含んでいるので、学習課題やテーマと内容面で関連しています。

 

 なお、セミナー前学習資料、セミナー後学習の資料につきましてはご用意しております。生徒の人数分印刷し、ご活用ください。

 札幌市、近郊の中学校には、資料を持参してご説明に伺うことも可能です。