専門学校4日目は「卒業後10年間のライフイベントを立てよう」

専門学校での4日間講座の3日目は「がんライフの理解・社会保険」ワークでした。

前回の内容、気になる方はこちら。

 

最終日は3コマいただき、「卒業後10年間のライフイベントを立てよう」です。

 

パソコンルームがあり、一人一人利用することができるというので、卒業後10年間のキャッシュフロー表を作成して提出してもらいました。

 

うむ?キャッシュフロー表って何?

こんな感じですー。エクセルで作った表に数字を入力してもらいます。

学生向けCF表_page.jpg

一番下の段を見ると、家計の貯蓄の推移が確認できます。自分のライフイベントとそれにかかる予想額を入力すると、「赤字になってしまう」「マイホーム買えないかも」などがわかり、生活の改善をしていこうと思うようになるかもしれません。

 

これを学生に作ってもらいました!

なお、エクセルデータは、人生の節目に再度作ることができるように、学生の皆さんにプレゼントです。

 

キャッシュフロー表を作るにあたって、次のステップで進めていきました。

 

 

STEP1

卒業後した後の月収と支出を、データなどを元にイメージ

STEP2

ワークを使って、1か月の収支を確認する

STEP3

卒業後、10年間のライフイベントを考える

STEP4

1年ごとの収入と支出を10年分予想する

 

 

キャッシュフロー表の作成に取り組む!

 

実は、ある大学からもお声をかけていただき、学生の皆さんに作成してもらっています。

さらに、パソコンは使わず、手書きにはなりますが、ある中学校総合学習の時間でも行ったことがありますし、今後も別の中学校で予定しています。

 

こんなことがわかるかも・・・

「こういう人生を送りたいから、きちんと就活に向き合おう」

「どのくらいの年収を目指したら、余裕のある生活を送れるのか目処がついた」

「奨学金を借りて、大学編入しても大丈夫かも」

 

 

など、事前にシミュレーションすることで、自分のやりたいことに向けて、一歩踏み出せることもあるかもしれません。

 

さて、専門学校4日間の内容をお伝えしました。何か1つのテーマでも子ども達、学生にさせてみたいという場合は、お気軽にお声がけくださいね。