PTA・家庭教育学級向け講座のご案内

PTA主催の講演会・家庭教育学級の講師としてお伺いいたします。 

《講話》小学生の保護者対象

「キャッシュレス化の加速!時代に即したこづかい制のポイントと親のかかわり」

プリペイドカードなど、見えないお金”を使って買い物をする子ども達が徐々に増えてきています。「今は与えたくない」と思っても、いずれ使っていくようになります。だからこそ、小学生のうちから正しい金銭感覚を育てていくことが大切です。金銭管理力が身につく、こづかいの与え方をお伝えいたします。

※札幌市家庭教育学級学習項目「おこづかいの与え方や教育費の備え方について学ぶ」なお、2020年度仮項目

→ 詳細はこちら

《講話》中学生の保護者対象

「生きる力を身につけるお金の教育」

 こづかいを含めた、お金とのつきあい方。子ども達が家庭科でも学ぶ、契約や消費者トラブルについて、親も情報を入手し、子どもと日頃より話し合っておくことも大切。成年年齢の引き下げも決まり、18歳から借金ができるなんてことも。子どもの自立のために、お金について一緒に考えていきましょう。

※札幌市家庭教育学級学習項目「おこづかいの与え方や教育費の備え方について学ぶ」「子どもの夢や将来、進路への関わり方について学ぶ」なお、2020年度仮項目

→ 詳細はこちら

《講話》未就学児保護者対象

「幼児期からできるお金の教育」

幼児期は、物を大切にすることを教えることから始める・・これも、立派な金銭教育です。と同時に、お金の使い方や大切さも教えていきたいものですね。小学生のお子さんもいるという保護者のために、こづかいの与え方についてもお伝えできます。

※札幌市家庭教育学級学習項目「おこづかいの与え方や教育費の備え方について学ぶ」なお、2020年度仮項目

→ 詳細はこちら

 

《講話》全ての保護者対象

「教育資金対策とわが子へのメッセージ」

「子どもの夢を叶えるために進学をさせたい!」避けて通れないのが教育資金です。「できるだけ考えたくない」という声も耳にしますが、早めに情報を入手することが肝心です。中学受験に挑戦する子どもも増えているためか、最近は講演依頼が増加中。

※札幌市家庭教育学級学習項目「おこづかいの与え方や教育費の備え方について学ぶ「子どもの夢や将来・進路への関わり方について学ぶ」なお、2020年度仮項目

→ 詳細はこちら

こづかいゲームイメージ1.jpg

《親子体験学習》こづかいゲーム(ボード版)

10〜15組程度の親子向けこづかいゲームはこれ!

ゲームを通じて、物を大切にすることやお金の使い方を学ぶことができます。1グループ3〜5人程度の小学生と保護者が、お金券のやりとりをしながら楽しくお金の使い方を学んでいきます。

→ 詳細はこちら

カレンダーの様子.jpg

《親子体験学習》カレンダーこづかいゲーム

少人数でも、大人数でも可。じゃんけんをしながら楽しく学べる!

1か月のカレンダーに沿ったパワーポイントで作成したこづかいゲーム。1か月の間にお金を使うであろう場面を想像させ、こづかいをどう使うのかシミュレーションしていきます。スクリーン、プロジェクター等、パワーポイント資料を投影できる環境が必要です。

→ 詳細はこちら

こづかいゲームは、いくつか種類があります。参加人数や学年、確保できる時間、会場の広さ等によっては、上記以外のものをご提案させていただくことがございます。お気軽にご相談ください。

 

 

全道各地お伺いしております。

 

講師料はご相談に応じております。

 

交通費分しか出せない・・という場合でも、まずはお気軽にお問合せください。教育現場は柔軟に対応しております。