学習ゲームを教材にしたワークショップ

学習ゲームを教材にしたワークショップを行っています。楽しみながら、お金の使い方やこづかい帳のつけかたなどを学びます。


学習指導要領にも記載されている「物や金銭の大切さ、計画的な使い方」「身近な物の選び方」「買物の仕組み」などを楽しみながら学ぶことができます。

小規模校から200人程度まで対応の教材を準備しており、ご予算、地域、時間、学年にあわせてご提案いたします。

 

カレンダー
こづかいゲーム
ご利用いただく学校が一番多いです
・パワーポイントで作成したスライドに沿って、1か月の買い物をしていきます
・じゃんけんをしながら進めていきます
・1クラス単位でも、学年全体など大人数でも対応可能
・スクリーンやプロジェクターなど、パワーポイントで作成したスライドを投影できる環境が必要です

こづかいゲーム
ペア
1クラス単位で行います(大人数はカレンダーこづかいゲームをご利用ください)
・児童2人1組になり、互いにカードを引きながら買い物をしていきます
・必要なものを買いながら欲しいものを買う体験をする
・物や環境を大切にすることなども知る
・朝の会などで、事前に欲しいものを考えていただけるのであれば、45分でも行うことができます

修学旅行ゲーム 修学旅行前の6年生対象
・実際にお土産を購入する際に迷うことなく買い物ができるよう、修学旅行前にシミュレーション



実践例 

稚内市立潮見が丘小学校では、小学5年生86名を対象に、80分程度行いました

カレンダーこづかい2.JPGカレンダーこづかい1.JPG


使用教材

カレンダーこづかいゲーム


ご準備いただいたもの

・プロジェクター

・スクリーン

・ホワイトボード

・探検バック  (机の準備ができなかったため)

   ↓ 

探検バッグ見本 003.jpg


アンケートから

「ママにお金の使い方がおおざっぱって言われているけど、今日の勉強を体験してこれからは考えたい」

「お金の使い方がわからなかったけど、どう使うべきかわかった。勉強になりました」

 

講師料金はご相談に応じておりますので、まずはお気軽にご相談ください。